スキップしてメイン コンテンツに移動

CKeditorの文字色と文字背景色を変えるボタンが出てこない。

CKeditor4.3.2をダウンロードして組み込んだところ、
文字色と文字背景色を変えるボタンが出てこない。
CKEditor.com | The best web text editor for everyone


おかしい。
昔は出ていた気がするんだけど。
configをいじっても出ない。

プラグインで何とかなりそうだったので、colorbuttonってのを入れてみた。
Color Button | CKEditor.com

が、エラー発生。
こんなエラが出る。panelbuttonがどーのこーのってエラーも。

[CKEDITOR.resourceManager.load] Resource name "colorbutton" was not found

スタックオーバーフローさんにもあった。
The textarea disappears - Ckeditor - Stack Overflow

panelbuttonというプラグインをダウンロードしたらエラーが消えた。
Panel Button | CKEditor.com

無事、文字色と文字背景色を変えるボタンが出てきました。

コメント

このブログの人気の投稿

WordPressのパスワードを別システムでも使いたいときの認証方法

「WordPressのユーザーを別のシステムに移行する」といった
ちょっと変わった案件に出くわした際のメモ。

パスワードもそのまま移行する仕様ですが、
新しいシステム側のログインチェック時にどうやって比較すれば良いのか、というのが疑問。

WordPressでのパスワードの暗号化(ハッシュ化)
そもそもWordPressのパスワードってどういう形で保存されているのだろう?

バージョン2.5以降:phpassバージョン2.5より前:md5
ってことみたい。
バージョンの途中で変わっているようです。

ちなみに、phpassで保存されているかどうかは、DB内のパスワードを見て、
頭の三文字が$P$かどうかを見れば分かるっぽいです。

phpassって何?って方には、こちらの記事がオススメ。
なぜPHPアプリにセキュリティホールが多いのか?:第40回 MOPS:安全性の高いパスワードハッシュ作成ツール - phpass|gihyo.jp … 技術評論社

よりセキュアにってことみたいです。

暗号化:wp_hash_password()
wp-includes -> pluggable.php 内のwp_hash_password()がハッシュ化する関数になります。
requireしているclass-phpass.phpというのがphpassの本体です。

※ソースコードはWordPress 3.2.1から引用。

wp_hash_password()の戻り値がハッシュ化されたパスワードになります。
このパスワードがWordPressのデータベース、 wp_usersテーブルに格納されています。

/** * Create a hash (encrypt) of a plain text password. * * For integration with other applications, this function can be overwritten to * instead use the other package password checking algorithm. * * @since 2.5 * @global object $wp_hasher PHPass object * @uses PasswordHash::HashPassword *…

HTMLのインデントを揃えたい時に使える整形サービス

HTMLのインデントがズレていると可読性が落ちるので、
綺麗にインデントを揃えたい時に見つけたサービス。


HTML整形ツール(PHPソース付き)

かなり便利です。
PHPソースコードが付いているので、変換ルールを確認できます。

JavaScriptのコードが入っていると(onclickなど)、
スクリプトが改行されてしまうので注意が必要。